古レンズの風に吹かれて

PENTAXデジタル一眼レフとオールドレンズ

SMC PENTAX-A 50mm F1.7

陽気がいい日が続いてます。

もう少し秋全開の時に

こうなってくれればと(笑)

寒暖の差が激しく、すっかり秋は終了です。

紅葉もほぼなくなりました。

なんか寂しい感じがする・・・(笑)

では11月6回目です。

f:id:bsuga:20201116144511j:plain

秋の名残を。モミジはもう終わってます。F2.8で撮影。

柔らかい感じですが、シャープさがしっかりあります。良いです。

 

このブログでのレンズの紹介が今回で51本目です。

50超えたところで、ペンタックス登場です。

今回は王道標準単焦点、50mmです。

マニュアル最終シリーズAレンズになります。

電気接点付いていますのでピント以外は

すべて現代のレンズと同じです。カメラ側から

操作できますので楽ですね。

このシリーズから、今まで金属だった外装もプラスチックに。

コーティングも新しくなったとか・・・?

写りの方はと言いますと、非常に良いです。

コントラスト、シャープさ、逆光耐性など

他の古いレンズとは比べ物にならないです。(ちょっと大げさ)

開放はさすがにピント薄いですが

2~3段絞ったあたりから、かなりシャープになります。

柔らかさもあり好きなレンズです。最短0.45m。

Mシリーズも好きですが、これもいいです。 

ただ一つ難点は、値段が高いです。(個人的には)

Mレンズと比べると程度にもよりますが

倍と思ってよいのでは?

良い個体探そうと思ったら余計高いです(笑)

ただ、折り合いの付く価格で購入出来れば

このレンズはおすすめです。

JPG撮って出し。ISO感度100。露出補正-2段。

秋の終わりを探して撮ってます。

f:id:bsuga:20201116160322j:plain

ススキもほぼ終わってます。F2.8で撮影。逆光気味でしたが、うまく撮れました。 

f:id:bsuga:20201116194717j:plain

ピントが来ている所はシャープです。F2.8ですが背景はいい感じでボケます。

f:id:bsuga:20201116194847j:plain

良い感じです。F3.5。しっかり写りますね。

f:id:bsuga:20201116195021j:plain

柿です。葉もすっかり無くなってしまってます。F5です。青空いいです。

f:id:bsuga:20201116195246j:plain

F2.8です。六角ボケになりますが良いです。

かなりシャープです。産毛みたいのまではっきり写ってます。

f:id:bsuga:20201116195711j:plain

枯れた花。綿みたいのがキレイに撮れてます。F2.8。

f:id:bsuga:20201116195835j:plain

冬になっても、笹は緑ですよね。F5.6。質感ありシャープです。

f:id:bsuga:20201116200023j:plain

秋、終わりました。F3.5です。

f:id:bsuga:20201116200346j:plain

丸ボケ狙って撮影。結構盛大に出てます。開放撮影。ちょっとフリンジあり。

f:id:bsuga:20201116200934j:plain

結構逆光気味でしたが、うまく撮れたと思います。好きな感じですね。F3.5。

 

まだ、紅葉探すとあるのでしょうが

ここの地域はほぼ終了しました。

ここからは冬の準備ですね。

被写体も少なくなってきました。

微妙な写真も多くなりそう(笑)

古レンズメインと言う事で許してください(笑)

 

かなりコンパクトですね。良いレンズです。

f:id:bsuga:20201116202745j:plain

では、ではこの辺で。

f:id:bsuga:20201116202848j:plain

おまけ画像。中央に野鳥が写っています。結構近くにいました。

このような単焦点の時に限って、よく出くわすシチュエーション(笑)

意外とよく写ってます。なんの野鳥でしょ?