古レンズの風に吹かれて

PENTAXデジタル一眼レフとオールドレンズ

Recommend Lens 8

変な言い方ですが、この頃

逆に冬っぽい日が続いています。

雪もよく降ったりしています。あの小春な日々は

何だったのでしょ・・・(笑)。

では2月4記事目です。久々のおすすめレンズ。

AUTO mamiya/sekor50mmF2

フィルター径は52mmです。

そこまで大きなレンズでは無いです。

単体も載せておきます。

bsuga.hatenablog.com

このマミヤレンズの過去記事です。

 

このレンズも比較的まだ安く見るレンズなのかなと思います。

マミヤ50mm標準レンズになります。

これがF1.4とか明るいレンズだったら、もう少し

人気も出ているのかなと思いますが、開放はF2です。

個人的にはこのF1.8やF2ぐらいが非常に扱いやすいかなと。

前にも書いていますが、とにかくマミヤは

マウントをよく変えていたメーカーです。

購入しやすいのはこのM42マウントのレンズなのかなと思います。

一応このレンズは富岡光学と言われているレンズです。

写りはしっかり写るレンズです。侮れません。オススメです。

少し話がそれますが

この頃は、ニコンやキャノンと言ったカメラメーカーの

レンズなど多く見ますが、それ以外の単焦点レンズなど

見なくなってきている気がします。気になっているレンズなど

状態の良い格安レンズ見つけたら、即購入って感じはします。

今回も作例は少しで行きます。

冬景色な感じ撮ってます。最近の撮影です。まだまだ

冬全開(笑)。暖かい日などもありましたが

春はかなり遠いです(笑)。

雪に埋もれた笹。F5.6撮影。

上を超トリミング。このレンズの実力です。精細さなどしっかりあります。

まだ冬全開です。

遠景などもしっかり写ります。

少し青みが出てます。基本の撮影はF5.6です。

思っていたより雪が多かったです。

開放撮影です。ピント面しっかり解像しています。

開放②。柔らかい感じが良いです。

綺麗な青色が出ていると思います。

作例はこれぐらいで終わらせます。雪は場所によっては

まだまだあります(この頃よく降ってます)。

2月も今日で終わりです。早くも3月突入。少しずつ

春を感じる季節到来です。

 

M42マウントがオールドレンズ遊びとしては

最強のマウントなのかなと思います。毎回書いてますが

この様なレンズでもしっかり写ります。

また、いつもと違う感じの写真になってきます。

是非一本購入してみて下さい。また違う面白さに出会えます。

総合的に良く写るレンズだと思います。

最短距離は0.5mです。

良いレンズです。では、ではこの辺で。

おまけ画像。足跡が深い(笑)。

HANIMEX AUTOMATIC MC 28mm F2.8

暖かい日が続いていました。

群馬県高崎市では25℃って夏の様な

気温にもなっていました。ちょっと2月としては

かなり異常気象。夏に45℃になったらビビりますよね。

気分的にはそんな感じです。

今はまた冬に戻りました。春やら冬やら大忙し(笑)。

では2月3本目のレンズ。記事も3記事目です。

少し大きめです。純正フード付いていました。

フードを外すとこんな感じです。先端に緑のラインが入ってます。

bsuga.hatenablog.com

上の記事もハニメックスの謎レンズ。

 

前にも紹介していましたハニメックスレンズ。

今回は広角単焦点レンズになります。

ハニメックスはオーストラリアの商社になります。

日本のレンズメーカーがレンズを供給していました。

自社ブランドを持たないOEM専門の会社ですね。

前回のレンズもそうですが、はっきりとした製造元が

分からないレンズです。あくまでも個人的な見解ですが

このレンズはマキノンレンズだと思います。

ほぼ同じ型のレンズがマキノンにもあります。

写りの話を。

普通に良く写るレンズです。ホント無難に普通。

悪いレンズでは無いと思います。マルチコーテイングが

綺麗なレンズですが、逆光にはそこまで強くは無いです。

今回のレンズ、ニコンマウントなのですが

マウントアダプターの補正レンズの影響かなと思いますが

周辺がかなり乱れます。中央のシャープさなど悪くないので

かなり惜しいと思います。フルサイズで使用すると

もっとひどく感じます。なのでKPで使用。

最短距離は0.3m。寄れる感じはすると思います。

後、購入時フードが付いていますって事では無かったのですが

ボロボロのケースのスポンジみたいのにめり込んでいました。

ケース捨てる時気が付きました。これはラッキー(笑)。

気が付いてラッキー(笑)。

JPG撮って出し。ISO感度400、1600。露出補正-0.7。

2月の雨って言うのが異常ですが、雨の後、雪になり

止んだので撮影に行って見ました。

前にも登場した「たまだれの滝」撮影です。

少し失敗気味ですが雰囲気が良いので載せてみます。開放撮影。

水滴っぽいのですが、急に寒くなって凍っています。F5.6。

これも開放です。この水滴の形で凍ってます。

これも開放です。開放でも中央のシャープさあります。

上の写真を超トリミング。なかなか良いです。このレンズの実力です。

雪が残っています。遠くに小さな滝が見えます。そこまで歩く場所では無いです。

急な坂道です。基本の撮影はF5.6です。周辺かなり荒れてます。

数年前の洪水の影響で、周りはまだ崩れたままです。

この様な感じでトリミングしてみるとシャープさ分かると思います。

たまだれの滝です。

更に近づいてます。

大きな氷がまだ残っていました。強い光は無いですが、上の方が

少し白っぽくなっています。今回かなりこの様な傾向出てます

この感じ撮影したくなります。

中央良いのです。ここまで寄っても、少し周辺気になります。

個人的な意見ですが周辺部は明るさなども、おかしくなっている気がします。

 

何となく良さげな感じ。

コケの岩から雫が垂れています。なので「たまだれの滝」です。

寒くても苔類は綺麗な緑を保ってます。

こじんまりとした場所ですが、良い感じの場所かなと思います。

これは開放です。中央のシャープさあります。

これはF5.6です。シャープさはかなりあると思います。

ここら辺で終了とします。今回も写真の枚数が多いです。

少し見ずらい感じもしますが、1記事で納めて見てます。

 

このレンズの雰囲気は少し伝わった気がしますが

この周辺の荒れる感じが惜しいって思います。ここの部分が

今一つニコンレンズの買えない部分だと思います。

悪いレンズでは無いと思います。アダプター無しで使ってみたいです。

コーテイングの色が分かります。

ニコンマウントアダプター、違うの探してます。

正面から。良いレンズです。では、ではこの辺で。

おまけ画像。月のリング。手持ち撮影。シャッタースピードはなんと2/1秒です(笑)。

違うレンズ使用。AFレンズです。感度は3200。絞り4.5。15mm広角レンズ。

RELIANCE 35mm F2.8

いやぁビックリな暖かさ。

完全に春。小春日和なんて可愛いです。

2月にこの暖かさ体感できるとは・・・

異常な気象ですね。暖かくて良いのですが

異常な気候が続かない方が良い気がします。

では、2月2記事目です。レンズ2本目。

今年最初の変わったレンズ(笑)。

アダプター無いとかなり小さいレンズ。OMマウントでした。

bsuga.hatenablog.com

このレンズの135mmでした。

 

たまたま状態の良いレンズを見つけて購入していました。

ある意味レアレンズ。あんまり見ないと思います。

自分でも見つけれるとは思っていませんでした(笑)

スリービーチは望遠鏡など造っていた会社ですね。

そこが出したカメラ用交換レンズがリライアンス。素性が

分かっていますので、謎レンズじゃないです(笑)。

写りの話を。古いレンズな写りだと思います。

比較的、低コントラスト、発色も薄めです。

逆光にも弱く、パープルフリンジなども出ます。

シャープさなどは強くは無いですが、普通に写ります。

年代など分かりませんがプリセット絞りなので

古いレンズだと思います。私の技術の問題なのかなと思いますが

決まると良い色出す時があります。後何故か日陰などは

青色に寄るのではなく、ピンク色っぽい色かぶりします。

開放もそうですが全体的に柔らかい感じに写るかなと。

このレンズの最大の欠点は、なんと最短距離が1m(笑)

少しでは無く、かなり寄れないです。ここが痛い。

JPG撮って出し。ISO感度200、400。露出補正-0.7。

風景撮りって思い、何度か登場した「八ッ場ダム」撮影。

個人的にはまずまず写っていたと思います。

少し青色が出ていると思います。遠くに見える橋。

ダム全景。基本の撮影はF5.6です。

キラキラ。上手く写ったと思います。このレンズ、パープルフリンジ出やすいです。

この様に決まるとしっかり映し出します。青色も良いです。

ダムの裏側に降りて撮影。

角度を変えて。

 

好きな一枚。更にキラッと。

凄い量の階段(笑)。イベントで階段チャレンジみたいのやってた気がします。

下から上に何秒で登れるかみたいの。

赤い橋。湾曲などしないレンズ。真っすぐ、しっかり写っています。

何となくな一枚(笑)。

放水していました。

しぶきで虹が出ていました。波は白飛びギリギリな感じです。

影が良い感じと思います。何となく好きな一枚。

放水のしぶきで、上の方にも虹が出てました。

放水した水が流れ出ている場所。

ダムの上からの全景。違う角度の撮影。

ダム側面。

これも青色が強く出てます。青に寄る傾向あります。

これぐらいで終わらせます。

 

一記事で何とか収めてみました。枚数が多かったと思います。

この日は14時頃で、ここの気温16℃ありました。

ここら辺の地域の春です(笑)。春爛漫な一日(笑)。

 

悪い感じのレンズでは無いのかなと思います。

しっかりレンズの写る傾向を見極めて撮影すると

なかなか良い写りになると思います。青色が良いレンズです。

コンパクトなレンズです。

フィルター径は49mm。

では、ではこの辺で。

おまけ画像。ちゃんと写っていますが、見事なピンクの色かぶり(笑)。

おまけ画像②。浮かぶキラキラ(笑)。

おまけ画像③。これが最短距離の撮影。開放です。

おまけ画像④。私の撮影した物では無いです。完成間近の八ッ場ダム

ダムってこんなに深いのですね(笑)。後おまけ多すぎ(笑)

AUTO TAMRON ZOOM 70-220mm F4

雪降りました。関東全域ですね。

ここの地域は多分40㎝は余裕で積もりました。

おかげ様で火曜日は1日除雪でした(笑)。

寒い日も続くみたいですので、しばらく残りそう。

では2月最初の記事と最初のレンズです。

結構大きいです。重さはなんと1㎏超えてます(笑)。

カビはありましたが、そこそこ綺麗なレンズでした。

bsuga.hatenablog.com

bsuga.hatenablog.com

bsuga.hatenablog.com

オートタムロンの過去記事です。

 

古いタムロンのズームレンズです。

このオートタムロンのズームは、紹介したかったレンズ。

格安で見つけれるズームレンズです。マウント交換式

アダプト―ルの前進、アダプトマチック。マウントはM42

型式はPZ30Au。製造年は1969年になります。

写りの話を。決して悪い感じでは無いですが

周辺がざわついた感じになります。これは絞っても

その様な傾向になります。コントラストは比較的

高めなのかなと思います。発色は普通かなと。

中央のシャープさは悪くないと思います。

最短距離は2mと寄れません。ズームで寄った感じには

なりますが、それでも少し厳しいです。

更に重さが1㎏あります。K-1と合わせると2㎏に(笑)。

結構重さは感じます。手振れ補正が無いと厳しいレンズです。

後、周辺光量落ちします。

JPG撮って出し。ISO感度400。露出補正-0.7。

雪の降った感じを撮影しようと

色々撮ってみました。そこまで酷い写りでは無いと思います。

積もった量が分かりやすいかなと。

しっかり写っていると思います。基本F5.6とF8の間で撮影。表示は無いです。

絞りは各中間あるのですが、表示のない場合って、どの数値なのでしょ?

いっぱい降りました。冬は雪が無いと寂しい気がしますが、あると結構厄介(笑)。

ドーンって感じ(笑)。これは沢山積もった感じが出てます。

これもいっぱい降った感じが伝わるかなと思います。

これも②。右、左って感じです。1969年製としては良いって思います。

タムロンは、早い時期からズームレンズ製造していたと思います。

望遠側も広角側もしっかり写ると思います。

恒例のトリミングです。なかなかしっかり写っています。

つらら狙っています。

良い感じかなと思います。

ワカサギ釣りしていました。結構離れていたと思います。

雰囲気良さげです。更にしっかり写っていると思います。

ズームで寄っています。なかなか精細さもあるかなと。

青色良いです。精細さもあります。

雪の撮影は意外と難しいですね。何となくな遠景。

遠景なども悪くないかなと思います。

遠景も②。対照的に。ここら辺で終了させます。

現行メーカーの一つでもあるタムロン

まだあまり、ズームレンズと言う概念が無いころから

ズーム製造していたと思います。古いレンズですが

まずまずの写りのレンズなんだと思います。流石タムロン

 

あまり作例としては微妙ですが、雪の撮影だけで(笑)

レンズの紹介となりました。個人的には良く写っていたと

思います。このレンズに80-250mmがあるのですが

購入してみようかなと。ただ重さが1.2㎏あります・・・どうしよう(笑)。

三脚座付いてます。

フィルター径は67mmと大きいです。

良いレンズ。重いですが(笑)。では、ではこの辺で。

おまけ画像。比較と思い撮った開放撮影。望遠側です。

おまけ画像②。並んで。

OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-ZOOM 35-70mm F4

1月後半はすっかり真冬な気候です。

雪も降ったり、最低気温も2桁行ったりと

いつもの様な感じになってきました。

寒いの辛いですが、これが冬としては

正解なんだと思います。

では、1月2本目のレンズ紹介です。

更に、この記事が300記事目になります。

始めた年を見たら遅めですが、よく300も書いたなと(笑)。

レンズ単体から。ゴムの部分がピントリング。

オートフォーカスのロゴの部分をスライドさせると電池室。単4電池3本入ります

左側に各スイッチがまとまっています。丸いボタンはフォーカススイッチ。

色んなレンズを紹介していきたいって思うのですが

やみくもに購入している訳では無いです(笑)。

一応欲しいって思う候補はあります。この頃はそんな感じを

探して購入しているので、レンズの増え方は少ないと思います。

で、これも探していたレンズ。単体AFレンズ、オリンパス版です。

OM30とともに登場したレンズ。詳しくは書きませんが

AFカメラと考えて良いのだと思っています。

PENTX-MEFの一年後に登場。(MEFもAFカメラと考えて良いと思います)

キャノンやニコンなども、AFと言う部分にはまだ踏み込んでいない

時代にAFをやってのけたのですから凄いと思います。

レンズはもともとあるOEMレンズ(コシナ製)の35-70mmF4にAF機構を

詰め込んだのかなと思っていました(私見)。

写りは普通に良く写るレンズです。発色は少しあっさり目。

シャープさなどもしっかりあります。

開放は甘めの写りですが、私の場合、ほぼアダプターには

補正レンズがありますので、実際はもっとしっかり

写るのかなと思っています(私見)。最短距離0.75m。

重さは結構あるレンズです。

後、このレンズのAFは持っているアダプターを装着すると

AFが動きません。付けないとちゃんと動きます。

絞りを動かせるようにする部分が、後ろのレバーを

押し上げてしまい、それでAFが効かなくなります(多分です)。

なのでAF自体は試せてませんが、ボタンを押すとAFは動いてくれます。

JPG撮って出し。ISO感度800。露出補正-0.7。

前回に引き続き、浅間大滝と対の滝、魚止めの滝に行って見ました。

そこまで大きく凍ってはいませんが、冬の滝の

雰囲気は出てると思います。後、私がダメなのですが

オートホワイトバランスのせいで日の当たらない撮影は

かなり青色に寄っています。ここまで寄ると思いませんでした。

bsuga.hatenablog.com

bsuga.hatenablog.com

上のレンズ記事は昨年撮影した「魚止めの滝」です。

日陰はかなり青に寄った傾向で写っていました。

最初に2枚。この様にかなり青に寄って写っているのが多かったです。

なるべく普通に写っているの載せていきます。(寒そうではあります(笑))

ここはあまり歩く場所では無いです。すぐ滝の部分に着きます。

暗い感じですが、これ以上明るいと雪の部分が白飛びします。日陰な場所です。

まずまず良く映し出しているのかなと思います。基本F5.6の撮影です。

明るさがあると良い感じです。これがここの見た感じかなと思います。

そこまで大きくは無いですが、良い感じで氷が出来てます。

滝の上の部分。

この様に段になっている滝です。「魚止めの滝」。

人が歩いていない感じが良いです。

このレンズの開放です。少しソフトな感じになります。

違う氷ですが比較も兼ねてF5.6です。

少しでも陽があると自然に写ってきます。

何となく良さげな雰囲気と勝手に思います(笑)。

良く写るレンズかなと思います。

このレンズの発色の感じが出てると思います。頑張れキノコって感じ(笑)。

比較も込めて開放撮影です。少しソフトですが良い感じかなと思います。

全体像で締めます。この日は14時30分ぐらいで、気温マイナス4℃でした。

帰りながらの一枚。また来てみます。

今回も少し写真の枚数多かったです。

パート2をやれば良いのでしょうが、1記事で納めてみました。

 

数日は寒い日が続くみたいですので

もう少し凍った滝の撮影したい気がします。やはり冬にしか見れない

この様な風景は撮りたくなってしまいます。

 

なかなかのレンズだと思いますが・・・とうでしょ?

オススメなどはしませんが、お仲間にはお誘いします(笑)。

そこまでコンパクトでは無いです。

単体AFレンズ、後チノン欲しいですね。

良いレンズ。では、ではこのへんで。

おまけ画像。ロウソク(笑)。

smc PENTAX-A ZOOM 24-50mm F4

相変わらず、妙に暖かい日など

チラホラあります。いつもの冬の様に

寒い日もチラホラ。気温の差が結構ありますね。

それでも、今年の冬は暖かいなって思います。

では1月3記事目。今回はちゃんとレンズの紹介です(笑)。

そこまで小さくは無いです。

 

Mレンズの似た焦点距離のレンズ記事。

bsuga.hatenablog.com

久々のペンタックスAシリーズのレンズです。

このレンズは探していたレンズです。

比較的Aシリーズのレンズは格安ズーム以外

あまり多くないレンズ群だと思います。

この24-50mmもあまり見ないのかなと思います。

物凄くキレイでは無いですが、傷など無く

レンズの状態も良かったです。

電子接点が付いていますので、操作はピント以外

AFレンズと同じ操作で撮影できます。

写りは無難に良く写るレンズだと思います。

コントラストや発色は悪くないと思います。

F4通しのズーム。開放はそこまで大きくボケないです。

F5.6でかなりのシャープさ出ると思います。

後、入射には決して強くは無いのかなと。

最短距離は0.4mと、まずまず寄れるレンズかなと。

PENTAX機では、Aレンズ群が最後のマニュアルレンズ。

この後からAF時代に突入していきます。

JPG撮って出し。ISO感度オート200-1600。露出補正-0.7。AVモード撮影。

凍った滝の撮影の為、様子見に行ったのですが

まだあまり凍っていない状態。やはり暖かいのかなと。

撮影日、14時頃で-2℃。せっかくなので撮影してきました。

冬は必ず撮影している「浅間大滝」の撮影です。

そこの写真載せていきます。

前日にさらっと雪が降りました。良い感じの冬景色(笑)。奥が滝です。

いつものことながら、時系列で載せています。基本F5.6・6.3の撮影です。

焦点距離は変えながら撮影しています。

恒例のトリミング。質感、シャープさ、なかなかの物だと思います。

波の感じを表現しようと思うと少し暗めに。実際ここの場所は日陰です。

なかなかシャープ。もう少し寒い日が続くともっと氷が多くなります。

迫力あります。しっかり映し出してると思います。

「浅間大滝」です。ここの場所、滝まであまり歩かないです。

歩いて近づいてます。50mm側の撮影です。

良い感じって自己満足(笑)。

少し降った雪が、良いアクセントになってます。

ここの滝はギリギリまで近づく事が出来ます。

少しあおり気味に。

かなり近づいています。なかなか質感など良いと思います。

中央に寄って。

横から撮影。

シャープさなどあると思います。

氷の質感などしっかり出ていると思います。

ラストは全景で終わります。寒い日でした。

 

パート2までやれそうでしたが、ここら辺で終了します。

もう少し寒い日が続いてきたら、もう一つの滝「魚止めの滝」に

行って見ようと思います。様子見の撮影でしたが

何とか雰囲気伝わってくれたらと思います。

 

今年の冬は、寒い暖かいの差が激しく、今一つ氷が大きくは無いですが

冬の滝は撮影したくなりますね。なかなか良いレンズかなと。

Aレンズ群、もう少し集めたいですね。

なかなか良く写ってくれます。

この焦点距離のズームは好きなレンズです。

良いレンズだと思います。

コーテイングの色。では、ではこの辺で。

おまけ画像。寂しげに(笑)。開放撮影。

Compact Digital camera

最初に。

能登半島地震の被害に遭われた皆様

心よりお見舞い申し上げます。先の見えない

厳しい日々を送られていると思いますが

何とか頑張って乗り切って下さい。

 

正月の大型連休も終わりますね。

土曜日は最高気温11℃まで行っていました。

はっきり言って春レベル。

それが今日は雪。最高気温-2℃・・・。

いやぁ、どうなってるのでしょ。異常です。今年の冬。

では、1月2記事目になります。

FUJIFILM X10

このクラシカルな外見よいですね。

このズームリングが電源スイッチ。回して電源入ります。

背面はこんな感じです。光学ファインダーが付いてます。ポップアップストロボあり。

今更感満載ですが、ちょい古コンデジって事でお許しを。

 

今年は、いきなりネタ的な所からスタート。

嫁様と出かけたりする時は基本カメラはコンデジしか

使用しないです。レフ機などでちゃんと撮影してしまうと

そこに集中してしますので一応禁止な部分もあります。

なのでコンデジでゆるっと撮影しています。

結構前から持って使用しているカメラ

富士フイルムX10で撮影したの載せて見ようと思いました。

X10の話を少し。2011年販売と古めのコンデジです。

見た目がカッコよくって思って購入したカメラ。

フジが良いとかでは無いです。当時一緒にX100も購入。

X100はあまり使わず売ってしまいました。X10だけ手元に。

撮影はオートのみと割り切って撮影しています。

写りは良いと思います。小さく軽いので気軽に楽しめます。

あまり他の事は気にした事がないので、使いきれてませんが

マクロ機能もありと、何でもこなせます。

28mm~112mmのズームレンズ搭載。手元でズームする部分が

電源スイッチも兼ねてますが、ここの部分の故障がかなり多いみたいです。

一応光学ファインダー付ですが

ファインダー内に表示など出ないです。(X20から表示あり)

私が思う唯一の欠点は、撮影した時の読み込みの遅さ。

結構タイムラグあります。JPG撮って出し。EXRオート撮影。

今回懐古園なる場所に行ってきました。そこの写真載せてみます。

個人的な旅の記録みたいですが(笑)こんなのも良いかなと。

良いか悪いかは見て判断してください。

後、何気にX10中古でとてつもない金額になってます。

良い物ですが、13年前のコンデジで5~6万は高いって思います。

ドーン。SLがお出迎え。撮影は全てオート機能使って撮影してます。

時系列で載せていきます。歩きながら色々と。

門みたいな場所(笑)。オートなので感度、F値などもカメラ任せです。

モノクロなども混ぜながら。

古いカメラですが、なかなかしっかり写っています。

この日は暖かい日でした。

弓を射る場所みたいです。時間でやってるみたい。

新年初の娘(犬)。普通に道を歩こうよって感じ(笑)。

大きな橋。

娘(犬)駆け抜ける。

大きな木でした。

何かの記念館。

懐古園小諸城跡にあります。多分お城の城壁かな?

城壁②。なかなか良い場所です。

この日のここの最高気温・・・12℃。小春な日(笑)。

この先はお城の跡と小さな動物園があります。遊園地も併設。

カメラ任せですが良い感じに撮れてるかなと思います。

城壁の上の部分です。

モノクロ。大きな神社がありました。

角度を変えて。

しっかり写る良いカメラかなと思います。

もう少しありますが、ここで終了します。

 

文章も長く写真も多め。少ししつこかった気がします。

見づらかったらゴメンナサイ。

それでもかなり省いて載せています。

雰囲気伝わってくれたらと思います。

 

いつもオールドレンズの撮影ですが

この様なお気軽スナップも、やっていない訳では無いです(笑)。

もう少し古いコンデジは興味あります。購入してみようって

思う時もありますが、使うのか?(笑)みたいな感じもあります。

 

昔の高級コンデジ。今はもっと進化していると思います。

スマホ撮影も良いですが、この様なコンデジも撮れる写真は

また違った感じになってきます。是非カメラ購入してみて下さい。

撮影の楽しさが変わります。では、また顔出します。

おまけ画像。一応ミニブタらしい・・・大きかったですが(笑)。

動物園と遊園地には犬は入れません。ただ長野県、犬OKな施設結構多いです。

2024年 新春 古レンズ風景。

明けましておめでとうございます。

昨年中は当ブログを見て下さった皆様

本当にありがとうございます。

今年も自己満足な写真や、訳の分からない

文章ばかりですが、いろんなレンズや写真など

紹介できればと思います。今年も一年お付き合いのほど

宜しくお願いします。

浅間山

浅間山②。

 

超ショートな記事(笑)で終了します。

皆様、健やかな新年をお過ごしください。では、ではこの辺で。

Have a happy new year!

12月がスタートして気が付くと

もう大晦日です。はい(笑)。今年一年を

振り返ってみたくなりますが

普通に喜べる一年だった気がします。

特別大きな事もなかったですが、悲しい事も

無かった一年だったと思います(個人)。

では12月最終、今年最後の記事になります。

通りすがりの神社で撮影。有名な場所では無いです。通りすがり(笑)。

 

コロナが一応収束し、通常に戻った一年って感じが

強かったって思います。人が居なかった場所に

活気が戻っていた気がします。

狛犬。今回もFAリミテッド43mm使用。開放ですがピント面シャープです。

狛犬②。これも開放です。被写体として最強な気がします(笑)。

 

個人的な考えですが凶悪な事件多くなった気がします。

それだけ世の中が非常に不安定なのかなと。

後、やはり戦争。ウクライナもそうですが

戦争が無くならないですね。これは心が痛いです。

何となく。F6.3。ISO感度は全て400です。

来年も今年同様、小さな事でも喜べる毎日にしたいです。

特別ではない普通を喜べる毎日に。

ドーン。F7.1。

今年最後の一枚です。開放。

2024年が皆様にとって良い年になる事を心からお祈りいたします。

今年も一年お付き合いくださりありがとうございました。

来年もレンズを色々な形で紹介できればと思います。

少し記事は少なめになってきていますが(笑)アップは

しっかりやって行きたいと思います。

皆様にとって幸多い一年になる事を願って

今年の最終記事とさせて頂きます。ではまた顔出します。

皆様良い年をお迎えください。

HD PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited Part2

朝晩は結構冷え込みますが

日中は結構暖かく感じます。

今年の冬はここが違うって感じがします。

今年は暖かい冬なのかなと思います。

では昨日の続き行きます。

シルバーが欲しかったので安くあってよかったです。

フードは付けていた方が良い感じだと思います。

映り込みが良いです。この様に周りは結構暗いです。目立つように?なのでしょうか?

池に面したレストランです。

角度を変えて。映り込み意識してます。F7.1撮影。S30秒です。

池の周りを歩いて撮影してます。

好きな感じの1枚。場所を変えるだけで雰囲気変わります。

歩きながら&更に角度を変えて。

上の写真の中央をトリミング。しっかり写っているのかなと。光芒良いですね。

何となくな1枚。S80秒。結構暗い場所。

映り込みと水鳥のシルエットが良いです。

流石にここの場所人がいっぱい(笑)。

橋の上にイルミネーションのアーチ。

人が多くこの場所は上手く撮影できなかったです。

周りのショップなど。この様な感じ好きです。映り込み、人のシルエットなど。

これも何となくな1枚です。

インパクトありますね(笑)。某有名ブランド。

雰囲気あるかなと。これも某有名ブランド。

玉ボケ狙い。

玉ボケ②。キレイに出てると思います。

ライトアップしている木です。月がちょうど良い感じ。

もう少しありますが、枚数が多くなりそうなのでここで終了します。

 

なかなか良く映し出していたのかなと思います。

イルミネーションとの明暗差があったので、撮影大変でした。

個人的な考えですが、このレンズが悪いとかではなく

前回のトキナーが負けているって感じではないかなって思います。

古いレンズも侮れないのかなと思います。

 

今年も一週間切りました。振り返ってみると

この一年も早かったって思います。歳をとるにつれ

年々早くなってくる一年365日(笑)。困ったものです。

今年も後数日。無事新しい年を迎えたいものですね。

レンズ単体。本体もそうですがレンズキャップまでアルミの削り出しです。

正面から。

良いレンズです。では、ではこの辺で。

おまけ画像。多重露光です。

おまけ画像②素敵な二人。・・・30年くらい前を思い出す(爆笑)。お二人に幸せを。

HD PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

今年も残りわずかとなりました。

寒波到来で寒い日が続いていましたが

今日は少し緩んだ感じがしました。

このまま年末に向けて暖かくなるみたいですね。

では12月3記事目になります。

やっと購入出来たって感じでした。

フードを外すとパンケーキレンズです。

 

やっと購入しました。ペンタックス機を愛用している方なら

欲しい&持っているレンズ、FAリミテッドです。

一応新品です(笑)。外箱があまり綺麗じゃないとの事で

かなり格安で購入出来ました。格安で売っている物より

更に3割安ぐらいで購入でしました。これはラッキー。

HDバージョンの方です。最初の43mmでは無いです。

FAリミテッドでは一番安いレンズです。

もともとsmc版でこの43mmが最初のFAリミテッド。

全部で3種類あります。最初のバージョン出てから

確か20年くらい経っているロングセラーなレンズです。

今回被写体が悪いのでレンズの写り等などの話は

あまり書かないです。テストで撮影した物は

線も細く精細に映し出してました。ボケ感も良く

開放からも良い写りのするレンズです。

で、今回イルミネーションパート2を撮影したく

このレンズ使ってみました。購入してからまだ

あまり使っていなかったので。

今回は「軽井沢プリンスショッピングプラザ」のイルミネーション撮影。

ここも皆様も来たことはあると思う場所です。

全体的にアンダーなのかなと思いますが

実際イルミネーションの近く以外はかなり暗かったと思います。

イルミネーションを狙うとどうしても周りは暗めに

写ってしまう傾向なのかなと思っています(腕が無いだけです)。

更に、変な話ですが普段MF撮影ばかりですので

AFのカメラ任せだと今一つ自分の思っているのと

違う写りになっているって思いました。

たまにAFレンズ使わないとダメですね。

JPG撮って出し。ISO感度3200。露出補正-1。AVモード撮影。

イルミネーションをメインで撮影してます。

上手くいかなかった写真から。何も気にしないで撮影すると

この様にイルミネーションが明るくなりすぎます。

明暗差があるので、個人的にはこれで良いのかなと思っています・・・勝手に(笑)。

周りの木なども下からライトアップしてます。

基本F5.6、6.3の撮影多いです。感度は3200でした。

人が多かったです。角度を変えながら色々撮影してました。

18時頃の撮影です。人が多かったです。

歩留まり悪くはなかったですが、撮影苦労しました。

色々な角度の撮影。クリスマスって感じ(笑)。

周りは池になっているので映り込みが良い感じ。これはF7.1撮影。

少し角度を変えて。

映り込み②。ノイズ目立ちますか?これもF7.1です。

水鳥などもいっぱいいます。

なるべく人が写らない様に。

何とか雰囲気伝わってくれたらとって思います。

丸ボケ狙ってます。

あえてピント外してます。中央しっかり出ます。外側はレモン型ですね。

ショップのウインドウを。なんかカッコイイ(笑)。

今回はここで終了させます。本当は昨日載せたかったのですが

時間が無く載せられませんでした。何とかクリスマスに間に合いました(笑)。

 

このレンズでの写りの感じは上手く伝わらない気がしますが

しっかり写っているのかなとは思います。

また違う被写体で写りの感じ伝えれたらと思います。

また明日続き載せていきます。今年も残りわずかです皆様体には十分ご自愛を。

では、ではこの辺で。

おまけ画像。通常撮影。

おまけ画像②。青に寄せてます。これはこれで良い感じ(笑)

CANON FD 50mm F1.4

12月も中盤。今の所暖かい日が多いです。

いつもの年なら雪なのでしょうが

雨など降ったりしていました。

更に15日の夜はなんと17℃もありました。

ここの地域では夏ですら夜18~20℃ぐらいですから。

思わず「うぅ・・なんだこれは」って独り言(笑)

更に16日は、所用で少し離れた所に居たのですが

・・・・気温20℃(爆笑)笑うしかないですが・・・

暖かくて体が楽ですが・・・季節感皆無(笑)。

では12月2記事目です。

綺麗なレンズでした。

フィルター径55mm。そこまで大きくは無いですが、ズッシリと重く感じます。

キャノンFDレンズ50mm1.4です。

個人的な所ですが、意識して明るいレンズを

購入していないです。自分の中ではオールドレンズは

F1.7くらいが開放もちょうど良い様な気がします(私見

F1.4でもそこまで大きく変わらないのかなと。(個人的な意見です)

実際人気のタクマーなどF1.8ですし、好きなレンズの

オートヤシノンなども明るいレンズでは無いです。

このレンズはたまたま安い個体見つけれたので

購入していました。登場させていませんが28mmも持っています。

この最初に出たFDレンズが欲しいって思って探してます。

フィルター枠が銀色のレンズです。

レンズの話を。

入射には弱いって思います。フリンジ等も結構出やすいかなと。

カメラとレンズの相性なのか、キャノンレンズ

フリンジ出やすいって個人的には思います。

ただ色んな部分を気を付けて撮影すると

発色、コントラストも高くとても良いレンズ・・・ですが

とても難しいレンズ。暴れるって表現も変ですが

なかなか撮影が難しいレンズです。

それでもかなり良いレンズだと思います。

アダプターの影響もあると思いますが

開放はかなりソフトになります。半端じゃないです(笑)。

FLのF1.4も同じ傾向になります。

JPG撮って出し。ISO感度400、800。露出補正-0.7。

色々探してのスナップでした。

霜。この時期撮影したくなります。なかなかシャープさあります。

中央トリミング。コントラストも良く精細に写しています。

霜②コントラスト、発色良いと思います。

トリミング②。つぶつぶまでしっかり映し出してます。

小さな湖歩いてみました。基本の撮影はF5.6です。

ボートなど見えますが・・・営業してなさそう。

周りにある物を色々撮影してました。寒そう。

フェンス越しに。中央狙っています。しっかり写していると思います。

歩きながら色々撮影していました。

何となくな一枚ですが好きな感じです。

トリミング。質感などしっかり出ていると思います。

多分・・・営業していない場所なのかな?

少し青色に寄っています。多分オートのWBのせいなのかなと。

悪い訳では無いですが、これも青色強く出てます。

青空と白樺。晴れたり曇ったりって日でした。

寄って撮影。シャープさあります。コントラスト高いと思います。

見上げて。なかなかこれもしっかり写っています。

キラキラ(笑)。フリンジなど出て無く上手く撮影できました。

遠景も良いですね。少し積もった雪が良いアクセント。

 

少し枚数が多くなりそうなので、ここで終わります。

何でもないスナップですが、レンズの雰囲気伝わってくれたらと思います。

今年も残り2週間。振り返ると一年ってやはり早いです(笑)。

後、日曜から一気に真冬になってます。今朝は-6℃・・・

体がしんどいです(笑)

 

キャノンレンズやはり良いです。

持ってる方も多いと思いますが一本持っていても

損は無いと思います。いつもと違う写真が撮れると思います。

KPに付けると大きく感じます。

正面から。

良いレンズです。では、ではこの辺で。

おまけ画像。このレンズの開放です。かなりソフトになります。

おまけ画像②。落ちた栗のイガに霜。今年も撮影でお世話になりました(笑)。

illumination

12月に入り早くも10日が過ぎました。

残り3分の2ですね。一年の中でも

12月は月日が過ぎるのが一番早い気がします。

更にこの頃はまた連日の小春日和・・・・

はっきり言って・・・季節感全くなし(笑)。

では、やっと12月最初の記事です。

RMC Tokina 35mm F2.8。

bsuga.hatenablog.com

今回はイルミネーション撮影をしようと思い

軽井沢ハルニレテラスなる場所に行ってきました。

ここは皆様も来たことがあるのでは?な場所です。

レンズは、ブログの最初の頃に登場させたレンズ

RMCトキナー35mmで撮影してきました。

オススメレンズ的な部分もありますが、ブログを始めた頃

どの様にやって行っていいかよく分からない所が多く

レンズの画像など、ほとんど載せていなかったので

このレンズで撮影って思いました。今回はちゃんと

レンズ画像多めに載せています。

トキナーの緑文字のレンズを集めていました。

このトキナーペンタックスが、マニュアルの始まりみたいな所あります。

最初はとにかくKマウント探していたので

結構苦労しましたね。サードパーティー製レンズ

やはり多いのはキャノン、ニコンのマウントです。

更にこの頃はトキナーなどもそうですが

サードパーティー単焦点レンズ、見なくなってきたと思います。

レアとは言いませんが、見ないですねホント。

作例は微妙な部分もありますが、この様なレンズでもしっかり映し出します。

丸ボケなど狙ってますがしっかり出てます。

個人的には良いレンズだと思います。作例見て判断してみて下さい。

基本F4撮影です。感度3200。露出補正はかけてないです。

トキナー好きなのですがAFレンズなどは現在

Kマウントに供給していないです。淋しい限りですね。

感度3200ですが、シャッタースピードは稼げてません。手振れ補正の恩恵です。

丸ボケ狙いで柱にピント合わせてます。キレイに丸ボケ出ます。開放撮影。

良い雰囲気の場所だと思います。

歩きながら色々と撮影してました・

影や反射が良い感じと勝手に思う(笑)。

グラス。

手持ちでは結構大変な撮影。

歩きながら色々撮影しています。

この暗い感じが好きです。ショップなど閉まっているので、実際暗いです。

テーブルの上のランプ。開放。

しっかり捉えてるのかなと思います。

どうしてもこの影の感じ撮りたくなります。

手持ちS10秒で撮影。手振れ補正の恩恵です。

丸ボケ狙い。開放。

何となく雰囲気が良い感じ。ベンチです。

これもしっかり映し出してると思います。

ピントずらして丸ボケ。外側はレモン型になってますが、中央しっかり出てます。

上手く写せたのかなと思います。

マウントはKマウントです。

コンパクトなレンズです。

良いレンズです。

ハルニレテラス早い時間は人でいっぱいです。

時間は21時30分頃。この時間だと人はかなりいないです。

もう少し違うレンズでまたイルミネーション撮影したいです。

今月中にはパート2行きたいですね。

 

なかなか良く写っていたのでは?って個人的に思います。

高級レンズでは無いです。それでもこれだけ映し出します。

センスや腕があればもっと素晴らしい写真になるのだと思います。

ただ私には無いのです・・・どちらも(笑)。

なかなか面白い古レンズ遊び、是非一度お試しを。では、ではこの辺で

おまけ画像。素敵な一枚。自画自賛全開で雰囲気あると思います。

勝手に載せてますが(超ゴメンナサイ)

顔が分かりずらいので載せます。2人の雰囲気も良いです。お二人に幸あれ。

Winter is coming.

今日で11月も終了。

今年も残り1ヶ月となります。

秋が短いというか、秋らしい日もありましたが

秋っぽくない日も多かった11月。

少し大げさですが、地域によっては半袖からいきなりのダウンコート

そんな気分の地域もあったのではと思います。

さて、今年の冬はどんな冬なのかなって感じです。

せっかくなので寒そうな一枚(笑)。朝日を浴びて。

更に恒例の超トリミング。精細にしっかり写っていますよね。

まだ登場させてないレンズ。Zoom-NIKKOR 35-135mm F3.5-4.5使用。

モノクロ①。マミヤレンズ使用。

モノクロ②。タムロン135mm使用。

 

珍しく超ショートな記事でした。

12月も宜しくお願いします。では、ではこの辺で。

MAMIYA-SEKOR F.C. 58mm F1.7

天気も気温も不安定な毎日。

天気が良いと日中はそこそこ暖かい・・・

ただ朝晩などしっかりマイナス気温・・・

と思ったら変に暖かい夜・・・

21日と22日は完全に小春日和・・・

うぅ・・・季節が・・・分からなくなる(笑)。

では11月3記事目。今回もオールドなレンズです。

いかにもオールドレンズって感じですね。

これは探していたレンズです。マミヤ最初の35mm一眼レフ

プリズマットNPの標準レンズになります。

製造年は1961年と結構古いレンズです。

マミヤのレンズは欲しいのですが、マミヤはマウントの変遷が

かなり多いカメラです。なのでなかな集まりません。

M42時代もあったりオリジナルなマウントも数種類あったりと

ここがかなり厄介なレンズ群です。

時系列で見るとこんな感じです。

エキザクタマウント(プリズマットNP:1961年)

専用マウント(プリズマットWP:1962年)

M42マウント(プリズマットCP、マミヤセコールTLなど:1964年)

専用マウント(マミヤセコールオートXTL:1972年)

M42マウント(DSX1000など:1974年)

専用マウント(NC1000S:1978年)

専用マウント(ZEシリーズ:1980年)・・・ざっと7種類・・・(笑)。

このレンズは一応エキザクタマウントのレンズです。

ただ独特の半自動絞り機構でレンズ側にピンが付いていて

本当は付かないレンズです。写真で載せておきますが

ピンはねじ込んであるので、それを外すと何とか付きます。

半自動絞りも一応聞きます。このレンズはカメラ側のシャッターボタンと

連動してカメラ側からピンを押すという構造です。

それで任意のF値まで絞り込む構造です。

この右側に見えるピンがアダプターに干渉して取り付けられないです。

外すとちゃんと取り付けられます。

 

写りの話を。悪い写りでは無いです。

アダプターの影響もあるのかなと思いますが

開放はかなりソフトになります。F5.6でスッキリシャープ。

周辺は思ったより流れないのでフルサイズで使いました。

入射などは弱いレンズ。発色等なども、そこまでは悪くはないかなと。

精細と言うよりは力強い感じです。。最短距離は0.5m。

58mmと言う焦点距離ですので、寄れない感じはしないです。

JPG撮って出し。ISO感度800、1600。露出補正-0.7。

秋と冬の間って感じの時期です。色々と探しながらの撮影です。

最初ここに行こうとしたのですが、到着に時間がかかってしまい断念。

ここにある仙人の滝を撮ろうって思っていました。雪が降る前に来たいです。

ここから登っていきます。

基本F5.6の撮影です。行きかけて終了(笑)。次はちゃんと行きたいです

この場所で残っていた紅葉です。大きな木に少し残っていました。

少しレトロ感が出てます。

破綻などせず撮れているのかなと思います。フリンジは出ます。

比較の撮影。F5.6です。

開放撮影。ソフトになりますが、ここまで変わります。

撮影目的が失敗したので(笑)近くに流れていた川など撮影してみました。

開放撮影です。雰囲気良く撮れると思います。

F5.6まで絞るとしっかりシャープに写ります。

川のロケーションはこんな感じの場所でした。

ピント面などはしっかり解像していると思います。

色味が良い感じだと思います。しっかり写っています。

このヌルテカってしている感じ好きです。

ヌルテカ②(笑)。何とも言えない水の流れる模様が良いです。

綺麗な水です。多分あまり人が立ち入らない場所だと思います。

この川、岩の上みたいな部分に水が流れてます。

なんか好きな一枚です。波と川の透け具合が良いと勝手に思います(笑)。

雰囲気良く撮れた気がします。シャープさも良いかなと思います。

何とか11月3記事でした。もう1記事ぐらいは書きたいですね。

色々と撮影していましたが、枚数が多くなりそうなので

ここで終わらせます。後文章も長めでした。

 

古いレンズですがしっかり写るレンズだと思います。

この技術が今に伝わっているのだと思います。

前にも言ってますが、M42マウントでも後ろにピンが

付いてるレンズあります。ピンを削るなどしないと付かない

レンズですので購入はお気を付けを。

要メンテのレンズでしたがレンズ自体は綺麗でした。その分かなり格安でした。

正面から。

良いレンズです。では、ではこの辺で。

おまけ画像。この微生物みたいな跡、古代を感じる(笑)。さて、何でしょ??